自分を犠牲にしない生き方

ペンを通して、気づきや感謝の種を世の中に広める

即アウトプットの習慣を身につける

 せっかくいい本を読んでも、一時間後には半分以上忘れている。

 また何度も読み返しても、そのままにしていては一向に身につかない。

 ではどうすれば内容が頭に入るのか?

 読んですぐにアウトプットすることだ。

 あとでまとめてではなく、一つ学んだらすぐに手帳に書く、ブログに書くようにする。

 頭の中に入っているうちに、自分の感じたことを付けくわえて記録するのだ。

 いろいろな知識はもっているのに、文章が書けなかったり、うまく話せないのは、圧倒的にアウトプットが少ないのだ。

 学んだ知識や技術は、常に相手のために提供するものだ。

 ただ覚えたことを言うのではなく、相手の立場によって適切なものをその場で出す必要がある。

 だから、日頃から学んだら即アウトプットの習慣を身につけることだ。