自分を犠牲にしない生き方

ペンを通して、気づきや感謝の種を世の中に広める

お客の側に立ってみる

 価値あるものを提供したいと思ったら、まずは自分がいいお客になることだ。

 お買い得だったり、人からもらったものよりも、実際に自腹を切って買ったものの方が価値を感じやすい。

 あなたが実際にお金を出して買ったものは、何らかの価値を感じて手に入れたものだ。

 なんとなく何かを感じて、自分の中でそれを買いたい、手に入れたい!という強烈な欲求になって購入する。

 そうゆう「見えないチカラ」がどういうものなのか、どのように提供すればいいのかを徹底的に学ぶのだ。

 自分が買う側だったら、どういうものが欲しくなるのか、どんなところから買いたいと思うのかをメモする。

 どういう言葉だったら、買おうと思うのか、参考になるページがあれば書き写してみる。

 自分がお客の立場になってみれば、学ぶべきことは山ほどあるのだ。