自分を犠牲にしない生き方

ペンを通して、気づきや感謝の種を世の中に広める

今週のお題「わたしの手帳術」

 手帳はあなたの思考を目に見える形にした分身のようなものだ。

 手を動かして、自分の想いを文字や絵にすることで、頭の整理やアイデアを出すことができる。すると、ぼんやりとしかイメージできなかったものが、次第に形になっていく過程を作っていくことができるのだ。

 成功するためには、あなたの考えていることをきちんと相手に伝えて、協力をしてもらうことが必要だ。手帳を使うことで、それを形にする習慣が身につく。

 思いついたアイデアをすぐに手帳に書き出すことで、将来自分のやりたいことを実現させるきっかけになるのだ。

 他にも手帳を使うことでこんなメリットがある。

 ・手帳を見返すと、自分がそのとき何を考え、どんなことに心が動かされたのかを視覚的に捉えることができる。

 ・限られたスペースの中に、自分の思った通りの構成をすることで、自然と情報の整理力が身につく。

 ・将来自分がどのようになりたいか、自由に書くことができる。イメージはしていても、それを実際に形にすることで、自分で自己暗示をかける効果がある。

 ・好きな言葉を書き写すことで、まるでその著者に乗り移ったかのような体験ができる。自分の基礎を固めて、より独創的な表現ができるようになる。