自分を犠牲にしない生き方

ペンを通して、気づきや感謝の種を世の中に広める

昨日までの自分は忘れていい

本を読んだり、人と会うことで、新しい見方ができるようになる。

 

一つの常識が世の中すべてに通じるわけではない。

 

一人一人がちがう人間だから、それだけ異なる考え方があるのだ。

 

だから、僕にもあなたにも、それぞれの考え方があっていい。

 

どちらが正しいのか、ではなくてお互いの意見からなにがわかるのか、どのように考えているのかが分かればいいのだ。

 

昨日まで考えていたことが、今日は別の考えに変わることもある。

 

それが一貫性がないとか、言ってることが違うと言われても、それは当然なのだ。

 

お客様が絶対に正しい。

 

できる社員ができない社員を養っている。

 

目標設定が重要だ。

 

どれも正しいし、間違っている。

 

誰がどうみるか、過去にどんな経験をしてきたかでまったく違ってくるからだ。

 

だから、あなたが本当に力になりたい人、やりたいことを選ぶ必要があるのだ。