自分を犠牲にしない生き方

ペンを通して、気づきや感謝の種を世の中に広める

このまま今の仕事を続けるのはもうやめよう

今日は、退職についてお伝えしたい。

 

先日、僕は会社のオーナーに会社を退職する旨を伝えた。

お互いにもう限界だったと薄々感じてはいた。いくら指導されても改善しない業務成績、毎朝無理やりやる気を出して会社に行くけど、四六時中緊張しっぱなしで、休日は個人の仕事をこなす…もうなんのために生活しているのかもわからないくらい、疲れていた。

 

あるとき、このまま嫌な思うをしたまま仕事をするのは嫌だな、と思った。

でも、会社を辞めて転職するのも、一念発起して起業するのも、自分には合っていないとわかっていた。

 

じゃあ、どうするか?

 

いつもここで悩んでしまっていた。

そもそも、自分が今後何をしていきたいのか、漠然としすぎて決められずにいた。だから、インターネットで情報を探して、良さそうなものがあったら飛びつく、いわゆるチャンス志向型の考え方になっていた。最初は良くても、しばらくすると『やっぱり違う…』と感じてやめてしまう。そうして、また元の嫌な仕事を生活のために続けていくことになるのだ。

 

この無限ループから抜け出さない限り、いつまで経っても状況は変わらない。

 

あまりにも疲れすぎて、ある日上司から怒鳴られた瞬間、

『あ、もう無理だな…』と直感した。

 

もういまの仕事をやめよう、と決意した。

 

あなたが真っ先にやることは?

 

自分の胸の内側から湧き上がってくるような、嘘偽りない感情だった。

 

もちろん、その気持ちを家族に相談した。

いま自分が何を感じていて、どうしていきたいのか、を率直に伝えた。

今までだったら、真っ先に周りのことを考えてそれに自分が合わせようとしていた。でも、今回はそうしなかった。

まずは、自分が何を考えていて、どうしていきたいかを決めることが先だった。

そうしないと、相手に何も伝わらないし、意見も返ってこない。

当たり前だけど、ただ悩んでいる人の話を聞くほど無駄なことはない。大抵、話しているけど、実現しない。お互いの時間を無駄にしてしまっている。言い方は悪いけど、まずは自分でどうするかを決めてから相談するべきだ。

 

退職を上司に伝える時は、足が震えた。

一度伝えたら、もう後には引き返せない。恐怖だった。

でも、自分の中では覚悟は決まっていた。

 

退職の旨を上司に伝えたら、あっさり理解してくれた。

今後生活していけるのか?家族は理解しているのか?仕事の環境を変えてもどうにもならないのか? あらゆる質問に対して、僕は感情抜きで淡々と伝えた。

上司は、もう何も言い返せなかった。もちろん、言いたいことはたくさんあっただろうけど、その時は僕に対してかける言葉が見つからなかったのだ。

 

退職を伝えてから営業成績が上がったワケ

 

僕はその日を境に、周りの人の目を気にする必要がなくなった。

何しろ、すでに退職することを伝えて、いつまでに辞めるとまで宣言しているから、あとはやるだけやればいいのだ。今まで、先が見えなくてモヤモヤしていた気持ちも、すっと消えていった。

 

不思議なことに、これからは自分でやっていくと決めたら、それまでやっていた仕事に対する集中力が変わった。自分の時間と労力をその仕事に費やすこと、本当に必要なことを優先することが、自然と意識できるようになった。

もちろん、今まで山ほど読んでいた本にも、その重要性は書いてあった。でも、それは自分がそうゆう状況になって初めて活きてくるものだと、心から実感できるようになった。

お客様に対しても、自信を持って接することができるようになった。自分はこう考えている、という核があってこそ、お客様の悩みや感情を理解しようという心構えができる。特に技術的に変わったことはないにも関わらず、営業成績は順調に伸びていった。でも、いまの僕にはそれで満足している暇はない。油断せずに、これからやっていかなければいけないからだ。

 

今度は、退職して独立することを知り合いや仕事でお付き合いのある人にお伝えすることにした。意外にも、『おめでとう』『頑張ってね』『独立したら行きますから連絡先を教えてください』と前向きな言葉をかけてもらうことが多かった。以前なら、まだ時期じゃないからやめた方がいいとか、もっとよく考えろ、という後ろ向きな意見が多かった。

でも、今回は相談ではなく、事後報告だ。もう自分がこの方向で行きます!という宣言をしているから、人はそれを応援してくれる。感動して勇気がもらえた。僕もそれに応えようと真剣に思った。

 

嫌な仕事は一切やらないと伝えたら、理想の働き方が見えた

 

さらに後日、職場の上司から今後のことについて相談を受けた。

どうにか残ってくれないか、と説得されたのだ。

これから新しいことを試す時期だし、新しいスタッフも入ってくるから、いま抜けられると困るという。

相手の話をよく聞き、事情も飲み込めた。だけど、僕はそれをやりたい!とは思えなかった。相手が僕に対して求めている役割と、僕がやりたいかどうかは全く別の問題だ。それに合わせて引き受けたところで、また同じような失敗を繰り返すのがわかっていた。だから、僕はそれらの仕事は一切断ることにした。月20万円の基本給の代わりに、やりたくない仕事やその他の雑用に自分の時間と労力を費やすことは、絶対にしないと決めていたからだ。

ただし、接客だけなら引き受けてもいいと考えた。つまり、完全歩合の業務委託という形だ。基本給が出ない代わりに、接客した分だけ報酬が発生する。そして、何といっても、働く時間を自由に設定できる。この働き方の方が、自分には合っている。

何もしなくても給料が保証されるのはいいが、それ以上の成果を求めようとした時に、『これくらいでいいか』という甘えが出てしまう。だったら、自分がやった分だけ報酬が得られる方が、より集中して取り組める。無駄にやらされる仕事もないから、その分ほかの自分が力になりたい人のために取り組めばいい。そう考えた。結局、会社では業務委託で働くことになった。

 

このまま今の仕事を続けていてあなたは幸せですか?

 

正直に答えて欲しい。そうだというなら、今まで通りやっていけばいい。そうではないと少しでも思ったら、いまの仕事のやり方に疑問を持つべきだ。自分がやりたいことをまず決めないと、周りには絶対に理解されないからだ。そもそも、自分が何をしたいのかわからずに悩んで行動に移せないのだから当然だ。

給料をもらっている以上、最低限それに見合った仕事をするのは当たり前。それなのに、それをおざなりにして、職場や上司の不満ばかりで、最低限の仕事もしないのは論外だ。それでは、お客様に対して失礼だし、自分自身もいい気持ちで仕事ができないのだ。

でも、あなた自身がどんな風に働きたいのか、どうやって生きていきたいのかを決められるのは、あなたしかいない。それにいまの働き方が合っていなければ、自分で変えればいい。それが結果として、転職なのか起業なのか、フリーランスなのかは自然と決まってくる。

この順番を間違えると、単なる現実逃避になってしまう。その時はよくても、しばらくするとうまくいかなくなる。キャリアアップでもステップアップでもなく、またゼロからやり直しだ。年齢が高くなるほど不利になるのではなく、自分で自分のキャリアを捨てて一からやり直す覚悟がないから、どんどん状況が厳しくなるのだ。

それなら、自分が納得する方法で今できることをやり始めた方がいい。すぐにお金にならなくても、人の助けになることはできる。いまの職場の環境を自分から変えることはできる。いまの仕事が会社でなくてもできる。もっと、自分のやりたいことに向き合って考えてみるべきだ。 それがわかったら、あとはどんどん人に伝えよう。できることはなんでもやる。でも、あなたのやりたいことと違ったら、それはすぐにやめていい。

仕事を辞めたくても辞められない、やりたいことがわからない人へ

真剣に考えてみてほしい……

今やりたいことをやらないで、一体いつやるのだろう?

 

1年後?2年後?

それとも10年後??

 

きっと、今そうやって悩んでいるうちは、何年経っても、死ぬ間際までやらないだろう。もっと早くやっておけばよかった、と思った時にはもう遅い。生まれ変わってもきっと同じように悩んでいるだけだ。

 

今の仕事を続けたくないと思ったら、無理に続ける必要はどこにもない。もちろん上司からは、君が抜けたら周りやお客さんに迷惑がかかるとか、これからこうゆう役割を期待しているからもう少し考え直せないか、と説得されるだろう。家族のことを考えたら、自分が嫌な思いをしても我慢して収入を稼がないといけないと考えるだろう。

 

でも、結局それはあなたが自分でそう考えているだけで、周りはそんなことを本当に期待している訳ではない。あなたがそうゆう役割をしてくれるだろうとわかっているから、いや、無意識にそうするものだと思っているから、そういえばあなたは進んでやってくれるだろうと期待しているのだ。

 

あなたはそれを当然だと思ってやっている。でも、次第にこれが本当にやりたいことじゃないことに気づいてしまう。でも、それを声に出せない。改めて自分が何をやりたいのかわからないのだ。口にしてみても、周りが求めている役割と違うから、すぐには理解されない。

 

そもそも、本当にやりたいことなんて誰かに与えられるものではない。最初からやりたいことがあっても、それをするのに足りないものはいくらでもある。やりたいと思っても、それが誰にも求められていなければ、仕事にならない。好きだから貧乏でもいいというのは、間違っている。好きでなくてもいいから、まずは稼げるようになることだ。

 

誰かと比較しなくてもいいから、相手の求めているものでお金を稼げるようになれば、それを元手に少しずつでもやりたいことをやってみればいい。それでもお金が稼げるようになれば、生活の心配をすることなく、ますますやりたいことができるようになる。

 

だから、いつまでも悩んでいないで、今すぐにでもやりたいことをやればいい。必要なものがあれば、今すぐにでも身に付けようとすればいい。わからなければ、誰かに教えてもらいながらやってみればいいだけだ。

 

あなたが一日三〇分だけでも勉強した知識は、将来のあなたを支えてくれる

自分のやりたいことってなかなか見つからない。

でもそれが普通なんじゃないか、と自分に言い聞かせている。

やりたくない、やりがいを感じないと思っても、生活のために辞められない。

本当は辞められるけど、今はタイミングじゃない。

 

気がついたら、何日も何ヶ月も、何年も経ってしまう。

そうしているうちに、抵抗する気持ちもなくなってしまう。

自分のなかにある違和感にふたをして、

周りにあわせて生きていく自分に希望をもてなくなる。

 

なんでも頭で考えるようになると、嫌なことばかり考えてしまう。

今やっていることに未来がない。

だけど、何をやっていいのかわからない。

あっちもこっちも行ってみるけど、結局すすまない。

 

人生がそうやって過ぎていく。

 

もうあなたは散々悩んでいる。

だから、そろそろ何かやり始めてもいいころだ。

興味があって少しでも勉強したことがあれば、

すでに他の人よりも何倍もの知識がある。

 

あなたがやっている仕事をこれからやりたい人もいる。

同じように、仕事にやりがいをもてずに悩んでいる人もいる。

そうゆう人のために、あなたの持っているものを出してみればいい。

 

いまある知識と経験だけで、誰かを救えるのだ

一つでも、なにか行動し始めると次々に話が広がって、結果として仕事ができてくる。

仕事をしていて、さらに副業もしていると自分の時間がなくなってしまう。

まったく新しいことをしようとすると、慣れるまでに何ヶ月もかかるし、独りでやっているとこれであっているのか、不安になる。

いちばん簡単なのは、すでにあなたが持っている知識や経験を、誰かに伝えることだ。

あなたが仕事で当たり前にやっていること、趣味でやっていることでいい。

それを順序よくまとめたら、人に教えればいいのだ。

場合によっては、直接教えなくてもほんの少しだけアドバイスするだけでいい。

困っている人にとっては、あなたの知識や経験が、人生を変えるきっかけになるのだ。

だから、遠慮せずあなたの持っているものをどんどん人に伝えればいい。

あなたにとっても教えるいい経験になる。

結果として、お金になり仕事になるかもしれない。

あなたが行動すれば、可能性は広がっていくのだ。

やりたいことをやったら、今度は相手が動きたくなることを書こう

自分の書いているものが面白くない、とわかるようになると、周りのものに目を向けられるようになる。

とりあえず自分の言いたいことは書くだけ書いたら、今度はそれを相手に伝えてみることだ。

仕事をしていれば、書くことが多くなる。

ただ書くだけじゃなくて、人に何かをしてもらいたいから書く。

これもあれもやってほしい、というのではなく、これをしてくださいとお願いする。

そうすれば仕事が楽になるし、人とのコミニュケーションがよくなる。

これは簡単なお願いから、ものを売る、重大な要件まですべてに言えることだ。

不安になったときは、隠さず受け止める

体調が悪くなったり、先が見えずに不安になったときは、忘れようとしたり無理に気分転換しようとせず、まずは受け止めることだ。

自分が嫌な気分になっているということを放っておくと、最初はいいかもしれないが、そのうち何をやっても楽しくなくなる。

買い物をしていても、嫌な気分になる。

読書をしても、内容が頭に入ってこない。

そうゆう気持ちの内面に目を向けていくと、自然と問題意識が生まれる。

どうしてこんな気持ちになるのか?

その原因は何なのか?

すぐに答えがわからなくても、常に疑問にもつ。

同じように過ごしていた日常の中に答えがないか? と頭が働くようになる。

不安になることは、あなたがいまの生活に満足していない証拠だ。

生活をしていると、いい時もあればよくない時もある。

今はあなたにとってよくない時でも、いずれ必ずよくなるようにできている。

あなたがよくなければ、他のいい時にある人の力を借りるといい。

不安になっている自分を受け止めれば、素直に他の人の力を借りられるようになる。

あなたがよくなっていけば、今度は助けてくれた相手がよくないときに助けてあげればいい。

独りで悩んでいるのではなく、お互いに助けられればすぐに解決できるのだ。

 

【やってみよう】

不安な気持ちを受け止めて、誰かに助けを求めてみよう。お返しに、今度はあなたがその人を助けてあげること。

あなたの仕事が進まないのは、うまくなりたくないからだ。

三ヶ月ではてなブログ180記事近く書いているのに、仕事で命じられたブログ記事一本がまったく書けない。

正確には、先月一度アップしたが、「内容がまったく伝わってこない」「もっと考えてから、書き直して」と言われてから、忙しさにかまけてズルズル時間だけがたってしまったのだ。

しかも、まったく知らない分野ではなく、自分が本業にしている仕事の内容なのに、だ。

なぜ書けないのか、自分でも原因はわかっている。

この記事の内容に、まったくと言っていいほど興味がわかないからだ。

興味がわかない記事を書いていることは、本当に苦痛を伴う作業だ。

もう10年近く業界にいるにも関わらず、その内容について掘り下げて考えてこなかった自分に愕然としてしまった。

それでも、仕事だから、生活のためだと割り切ってこなしてきた。

いくら大切なことだといわれても、自分自身が真剣に向き合わなければ何年やっても進歩しないのだ。

何度も調べて、何度書き直しても、内容が頭に入ってこないのだ。

業界の情報は常に進歩している。

それに対して、自分の知識や経験をアップデートしていく人だけが生き残れるのだ。

自分のアップデートが、お客様の利益につながると信じている人だけが、お客様から支持されてやりがいを感じられるようになるのだ。

根本的にやりたくないことをやっていれば、そのうち行き詰まる。

これから新しいスタッフがやる気満々で入ってくれば、いずれあなたは追い抜かれる。

今からやりがいを見つけて、それが好きになるのか?

そうはならない。

あなたが本当に好きなこと、やりたいことは別のところにあるからだ。

自分が思っていることを思う存分表現したい。

誰にも指図されずに、自分がやりやすい快適な生活を過ごしたい。

愛する人と、もっと一緒に過ごしたい。

そうゆう心の内面にある気持ちを無視して、仕事にやりがいを求めること自体が間違っているのだ。

そうゆう気持ちでいると、仕事をしていてもいつもどこか他人行儀になっている。

自分で責任をとる覚悟がないから、嫌なことがあればすぐに挫折してしまう。

気の持ち方をいくら変えても、あなたの根本的なモヤモヤはいつもつきまとうのだ。

ブログを始めたことで、そうゆう内面にある気持ちを言葉にすることで、今の仕事に対する考え方が少しずつだが、理解できるようになった。

この先、どれだけ成果をあげて収入が上がっても、あなたにとっての天職ではないのだ。

だったら、もっとやりたいことを自由にやった方がいい。

あなたがやりたくないことは、どれだけ頑張ってもうまくならない。

ただその場しのぎのテクニックが身につくだけだ。

そんなことに時間を費やしているのが、退屈なのだ。

どんなに面白いゲームも、一度クリアしてしまえば何度やっても面白くなくなる。

面白くなくなったら、飽きてまた新しいゲームをしたくなるのが普通だ。

やりたくないことに使っている時間を、同じ時間だけやりたいことに費やしたらどれだけ大きな成果が得られるだろう?

仕事はあなたがやりたいことをやるための手段でしかない。

やらなきゃいけないことは、めんどくさいから先延ばしにしたい。

下手にうまくなったら、周りのできない人から仕事を頼まれてあなたの時間がなくなる。

それが嫌だから、なるべく頼まれないようにうまくならないようにするのだ。

そこには、自分がうまく仕事を終わらせるために、それ以上仕事をうまくならないという矛盾がある。

やりたくないから先延ばしする、そのために仕事をうまくならないことを選ぶ。

これでは、仕事が進むわけない。

ただ時間が過ぎるのを待っているだけで、自分から何かを生み出す力が身につかない。

長い目でみたら、想像したくなくなるくらい多くの時間と労力を無駄にしてしまう。

その時間をすべてやりたいことに費やしたら、どれだけ楽しい人生になるかはすぐに想像できるはずだ。

長い時間をかけて染みついた習慣はなかなか取れない。

まずは、どんなに小さなことでもいいからやりたいことをやってみることだ。

具体的にいうと、「どんなにやっても一切お金はもらえないけど、それでもやりたいこと」をやればいい。

生活やお金のことを前提において失敗しているなら、それを考えないようにすることが先だ。

 

【やってみよう】

お金が一切もらえなくても、誰からも頼まれなくてもやりたくなることは何か紙に書き出してみよう。