自分を犠牲にしない生き方

ペンを通して、気づきや感謝の種を世の中に広める

体調は悪くなる前に整えておく

 この先自分の体は自分で管理していかないと、生活やプライベートを心から楽しむことはできない。

 多くの人が、体調が悪くなったり、中には手遅れな状態になるまで、自分の体を放っておく。

 本当は、普段のいい状態をキープしたり、今月は忙しくなりそうだから、早めにケアをしておくための体調管理である。

 もっと早く取り組んでいたら、何年も体調不良に苦しまずにすんだと後悔しても遅いのだ。

 自分の体調は、目に見えず他の人からもわからない。だからもっと自分の体のことに興味を持つことだ。

 少しずついい方向に向かっていくように、体を動かしてみたり、専門家のアドバイスを参考にしてみる。

 体調は悪くなる前に整えておけば、日に日に良くなっていくことが実感できる。

 そうすれば、いい仕事をするための活力になる。自分のやりたいことや付き合いたい人との大切な時間を過ごすことができる。

 「あのときもっとああしておけばよかった」と人生を後悔するか、「生まれ変わってももう一度今の人生を生きたい」と思えるかは、今この瞬間からの取り組みにかかっているのだ。